オモト(万年青)は日本で古くから愛される、縁起の良い植物

オモトは室町時代から日本で愛されている植物です。漢字で書くと「万年青」。いつまでも青々としている、という意味合いから、縁起の良い植物として、長寿祝いや開業祝いなどでよく贈られる植物でもあります。

お届けするオモト(万年青)は白い斑が凛と美しい品種

Photo by kana55goさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

おもとはさまざまな園芸品種が、古くから開発されており、いろんな形や葉柄の品種が存在します。

今回お届けするのは数あるオモトの中でも、根元に白い斑が入る珍しい品種です。透き通るような白と、濃い緑のグラデーション。豊かに波打つ葉。その凛とした美しさをお楽しみください。

オモト(万年青)は夏に真っ赤な実も楽しめます

Photo byクレープさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

初夏ごろには、葉の間からひょっこりと花芽を伸ばし、白い花と真っ赤な実も楽しめますよ。実がなると「子持ち万年青」とも呼ばれ、子孫繁栄を意味するさらに縁起の良い植物とされています。

サステナブルな鉢カバーRe:af®をセットにしました

お届けするのは、サステナブルな鉢カバーRe:af®セット。

Re:af®はGreenSnapが新しくつくった、これからの鉢カバーです。みなさんの緑のある生活を楽しいものにしたくて、部屋のインテリアに馴染む、サステナブルな鉢カバーを作りました。葉っぱの「Leaf」に、リサイクルや再びといった意味を持つ「Re」を合わせて「Re:af®(リーフ)」という名前にしました。

出来るだけ地球に優しいものを使いたくて、選んだのは紙でできたリサイクル素材。紙といっても、アメリカのテクソン社が開発した新素材で、レザーのような風合いがあり、水にも強く、耐久性も備えた新しい素材です。

オモト(万年青)の育て方

Photo by ちびさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

育てやすさ:もっとも易しい ★★★★★

 暑さに強い   寒さにやや強い   日陰でも育つ   縁起がいい

水やり 表土か乾いたらたっぷり 表土か乾いてから3〜6日後 表土が乾いたらたっぷり 表土か乾いてから3〜6日後
置き場所 風通しのよい半日陰 明るい日陰か70%程度遮光した場所 風通しのよい半日陰 レースカーテン越しの日光、外でも軒下ならOK

夏は直射日光に当てないように、明るい日陰か70%程度遮光した場所に置きます。春、秋は風通しのよい半日陰に置きます。冬は軒下であれば外でも大丈夫です。

水は乾いたらたっぷりとあげてください。冬場は控えて下さい。

商品仕様

名前 オモト(万年青)
分類 常緑性多年草
商品サイズ 5.5号 高さ約50cm(鉢含む)
鉢/鉢カバー

鉢:プラスチック製 底穴あり 鉢皿あり
鉢カバー:Re:af®
・素材 :リサイクルペーパー
・サイズ:5-6号用(直径21cm 高さ18cm)

注意事項

こちらの商品は現物配送ではございません。掲載している写真は商品一例ですので、あらかじめご了承ください。

【Re:af®について】

・本品は鉢カバーです。植木鉢を中に入れてご利用ください。

・水に強い素材ですが、そこに水がたまると漏れる事がございます。本商品は鉢に底穴がありますので、付属の受け皿を合わせてご利用ください。

・高さを調整したい場合は、折ってご利用いただくことも可能です。

お届け14日間保証

万が一お届けから14日以内に枯れた場合
いつでもお悩みに答えます。

みどりのQ&A

初めての方でも安心。GreenSnap公式アプリなら みんなに植物の育て方や悩みを相談できます。

今すぐ無料ダウンロード

関連商品