ケープバルブの魅力とは?

Photo by E'sベランダーさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

珍奇中の珍奇として、今、話題沸騰中なのが、ケープバルブという植物です。ケープバルブとは、おもに南アフリカの旧ケープ州で自生する球根植物のことをいいます。その姿は、どれも奇妙でユニーク。一般的に想像される草花からは、かけ離れた姿をしています。

今回はそんな珍奇植物のケープバルブから、南アフリカ産オーニソガラムの未識別種、棒状の葉が特徴のオーニソガラムをお届けします。

初夏には美しい白い花を咲かせます

Photo by じゃこさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

オーニソガラムは常緑性なので、頭からツンツンと毛が生えたようなユニークな姿を、一年中楽しむことができますよ。また、初夏には美しい白い花を咲かせてくれます。

鉢によって印象もガラリと変わります

Photo by guさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

オーニソガラムは分球で増やしやすいので、いろんな鉢でいろんな表情を楽しむのもおすすめです。新しい鉢に植えるときは、鉢内の気温を下げないように大きめの鉢を選んで、球根の半分まで土を入れてあげるといいですよ。

お届けするのは2.5号鉢なので、3〜4号鉢がおすすめです。

エリオクエストさんの国内実生苗を直送します

お届けするオーニソガラムは、高知県でケープバルブを生産・販売している、エリオクエストさんの国内実生苗です。

高知県は日照時間日本一。たっぷりと陽の光を浴びて、ピンと葉を伸ばしたオーニソガラムを、エリオクエストさんから丁寧に梱包して直送します。

オーニソガラムの育て方

Photo by とりごもくごはんさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

このオーニソガラムは、夏は休眠し、冬に生育期を迎える、冬型の球根植物です。3~5度くらいの寒さまで耐えることができます。栽培は比較的簡単ですが、寒い地域では冬場は屋内に入れた方がいいでしょう。

地下に球根や塊根があり、秋に葉が伸びてきたら水やりを開始します。日当たりと風通しの良い場所においてください。

秋から春にかけての成長期には完全に乾く前に水をあげてください。冬は北風や霜にあてないように気をつけて下さい。夏は休眠期に蒸れて枯れることがあるので風邪通しの良い半日陰で管理してください。

商品仕様

商品名 オーニソガラムOrnithogalum sp.EQ615
原産地 RSA,Oudtshoorn
形態

球根植物 ケープバルブ

栽培難易度 やや難しい
育成型 冬型
開花期 10~2月
休眠期 6~9月
サイズ 2.5号鉢

注意事項

こちらの商品は現物配送ではございません。掲載している写真は商品一例ですので、あらかじめご了承ください。

お届け14日間保証

万が一お届けから14日以内に枯れた場合
無償で交換いたします。

みどりのQ&A

初めての方でも安心。GreenSnap公式アプリなら みんなに植物の育て方や悩みを相談できます。

今すぐ無料ダウンロード

関連商品