どうしてこんな姿に?「ケープバルブ」の魅力とは?

【ケープバルブ】エリオスペルマム ケルビコルネ

Photo by にくたま さん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

珍奇中の珍奇として、今、話題沸騰中なのが、ケープバルブという植物です。ケープバルブとは、おもに南アフリカの旧ケープ州で自生する球根植物のことをいいます。

その姿は、どれも奇妙でユニーク。どうしてこんな姿になった!?と疑問に思うほど、一般的に想像される草花からは、かけ離れた姿をしています。

今回はそんな珍奇植物のケープバルブから、かなりレアな「エリオスペルマム・ケルビコルネ」をお届けします。

もふもふの茎、わさわさの葉がチャームポイント。

【ケープバルブ】エリオスペルマム ケルビコルネ

ケルビコルネは球根から、毛足の長い繊毛をつけた茎を伸ばし、その上にわさわさとした葉(正確には付属器・エネーション)をつけるのが特徴です。

ケルビコルネとは「鹿の角」という意味で、名前の通り、よくみると葉の先端が、鹿の角のように枝分かれしています。全体的にふわふわとした軽やかな佇まいが、かわいらしいですよね。

夏の終わりに、かわいい白い花を咲かせます。

【ケープバルブ】エリオスペルマム ケルビコルネ

ケルビコルネは、冬型のケープバルブなので、夏の間は球根だけになって休眠します。涼しくなる夏の終わり頃から、活動をはじめますが、そのときに白い花を咲かせるんです。とっても可憐な花姿なので、お楽しみに。

エリオクエストさんの国内実生苗を直送します。

【ケープバルブ】エリオスペルマム ケルビコルネ

お届けするエリオスペルマム・ケルビコルネは、高知県でケープバルブを生産・販売している、エリオクエストさんの国内実生苗です。

高知県は日照時間日本一。たっぷりと陽の光を浴びて、ふさふさもふもふに育ったケルビコルネを、エリオクエストさんから丁寧に梱包して直送します。

超レアで入手困難。マニアも憧れの珍奇植物です。

エリオクエストさんは、南アフリカとは環境が全くことなる日本で、試行錯誤を重ねながら生産しています。

日本での流通はごく限られた数のみ。とくにこのケルビコルネという品種は、とっても入手困難な超レア一級品です。マニアも憧れる珍奇植物を、ぜひこの機会にお買い求めください。

エリオスペルマム・ケルビコルネの育て方

エリオスペルマム・ケルビコルネは、冬に生育期を迎えます。生育期の間は、直射日光が当たるような、日当たりのいい場所で育ててください。休眠中の夏の間は、遮光した風通しのいい場所で管理し、雨にあたらないように気をつけてくださいね。

水やりは生育期なら、表土が乾いたら。休眠期なら断水気味にします。春に葉が枯れ始めたら水やりのペースを落とし、逆に秋頃に葉が生え始めたら、徐々に水やりを再開しましょう。

※夏にお届けする商品は球根だけで葉は出ていません。

商品仕様

学名 Eriospermum cervicorne MRO99
採集地 MESKLIP Northern Cape
育成型 冬型
サイズ 2.5号ポット

注意事項

こちらの商品は現物配送ではございません。掲載している写真は商品一例ですので、あらかじめご了承ください。

お届け14日間保証

万が一お届けから14日以内に枯れた場合
無償で交換いたします。

みどりのQ&A

初めての方でも安心。GreenSnap公式アプリなら みんなに植物の育て方や悩みを相談できます。

今すぐ無料ダウンロード

関連商品