ケープバルブの魅力とは?

Photo by おぎのさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

珍奇中の珍奇として、今、話題沸騰中なのが、ケープバルブという植物です。ケープバルブとは、おもに南アフリカの旧ケープ州で自生する球根植物のことをいいます。その姿は、どれも奇妙でユニーク。一般的に想像される草花からは、かけ離れた姿をしています。今回はそんな珍奇植物のケープバルブから、ドリミア ・ウニフローラをお届けします。

世界最小の花を咲かせるケープバルブ、ドリミア ・ウニフローラ

Photo by さかなさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

ドリミア・ウニフローラは世界最小の花を咲かせる、とても小さな球根植物です。夏に釣鐘型の小さな花を1~3つ咲かせます。原生地では冬は休眠しますが、日本では冬でも葉をつけて越冬できるので、冬の間も緑を楽しめます。

ドリミア ・ウニフローラは小さくても意外と丈夫です!

Photo by おぎのさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

ドリミア ・ウニフローラは乾燥にも強く、また他の大きな植物の陰で育つので、日陰でも元気に育ちます。小さくても丈夫なドリミア ・ウニフローラをお部屋に置くと、日々の成長を見守るのが楽しくなりますよ。

エリオクエストから元気なドリミア・ウニフローラをお届け

南アフリカ産のユニークな植物を多くとりそろえる生産者エリオクエストさんから元気なドリミア・ウニフローラをお届けします。

エリオクエストさんで扱う植物はすべて日本国内で実生栽培されたもの。日本の気候に適応した苗をお送りするので、初心者さんでも育てやすいのが特徴です。

またエリオクエストさんは、SNSやYoutubeで積極的に情報発信をしているので、ドリミア・ウニフローラの育て方に悩むこともありません

ケープバルブ、ドリミア・ウニフローラの育て方

Photo by さかなさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

ドリミア・ウニフローラは春から夏にかけては水を多めにあげて、直射日光の当たらない明るい日陰においてあげましょう。寒さにも耐えられますが、冬には室内に入れてあげたほうが良いでしょう。

商品仕様

名前
ドリミア・ウニフローラ
分類

球根植物 珍奇植物 ケープバルブ

生育タイプ: 夏型 (開花期 6~8 月 成長期4~7月 休眠期12~3月)

育てやすさ
普通★★★☆☆
特徴 日陰でも育つ、暑さに強い、寒さに弱い
サイズ 2.5号 鉢直径 約7.5cm
硬化プラスチック 鉢穴あり 鉢皿なし

お届け14日間保証

万が一お届けから14日以内に枯れた場合
いつでもお悩みに答えます。

みどりのQ&A

初めての方でも安心。GreenSnap公式アプリなら みんなに植物の育て方や悩みを相談できます。

今すぐ無料ダウンロード

関連商品