ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号

ホヘンベルギア レオポルトフォスティー 5号

おすすめの置き場所:

販売元
赤塚植物園(配送元:豊明市場)
通常価格
¥10,520
販売価格
¥10,520
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
送料無料
価格は税込です。 送料は購入手続き時に計算されます。

ご利用可能なお支払い方法とAmazonPayご利用時のご注意

人気急上昇中のホヘンベルギア・レオポルドホルスティー

Photo by 滝元 敬さん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーはブラジルからカリブ海沿岸にかけて分布する、硬葉系のタンクブロメリアです。

タンクブロメリアとは、中心部と葉と葉の隙間に、水を貯められるブロメリア科(パイナップル科)の植物。

ノコギリのような葉っぱと、トゲが重なり合った姿がかっこいいですよね。

ホヘンベルギアは、園芸愛好家も憧れる、入手困難な植物です。

Photo by tabatyさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーは、生長が遅いため流通量が少なく、希少価値が高い植物です。

園芸愛好家の中でも、なかなか手に入れるのが難しいといわれていて、憧れの存在なのだとか。とくにレポルドホルスティーという品種は、ホヘンベルギアの代表種で、紫色に染まるエキゾチックな姿から人気が集中しているので、この機会にぜひお買い求めください。

ホヘンベルギアは、鉢によって印象もガラリと変わります。

Photo by toyoheiさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

どっしりとした壺型のフォルムが魅力的な、ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーは、植える鉢によって印象がガラリと変わります。

たとえば写真のように、無機質なシンプルな鉢に植え替えると、インテリアとしてクールでかっこいい雰囲気が楽しめますね。

ホヘンベルギアを、赤塚植物園から新鮮な状態でお届けします。

赤塚植物園は、三重県にある歴史ある園芸の総合会社です。

100種以上の熱帯植物を海外より取り入れ、よりリーズナブルに、またお客様が育てやすい状態になるように生産をしています。

赤塚植物園の農場で大切に育てた、ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーを、そのときに一番元気な株を選んでお届けします。

ぜひご到着まで安心して楽しみにお待ちください。

ホヘンベルギア・レオポルドホルスティーの育て方

Photo by にしやんさん@GreenSnap ※写真は実際にお届けする商品とは異なります。

春~秋の生育期には直射日光の当たらない、軒下もしくは室内で管理します。

表土が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。その時に葉水もかけてあげましょう。秋~冬には水やりの頻度を減らし、乾燥気味に管理します。葉水も止めましょう。ほとんどあげないくらいでも大丈夫です。

肥料は、春~夏の間に液体肥料なら月に1回程度、固形肥料なら緩効性のものを2か月に1回程度を与えます。

 

商品仕様

学名 Hohenbergia leopoldo-horstii
科名 パイナップル科
サイズ 5号
高さ 30cm
約25cm
素材 プラスチック鉢

育て方

春~秋の生育期には直射日光の当たらない、軒下もしくは室内で管理します。

表土が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。その時に葉水もかけてあげましょう。

秋~冬には水やりの頻度を減らし、乾燥気味に管理します。葉水も止めましょう。ほとんどあげないくらいでも大丈夫です。

肥料は、春~夏の間に液体肥料なら月に1回程度、固形肥料なら緩効性のものを2か月に1回程度を与えます。

Sale

Unavailable

Sold Out

Spin to win Spinner icon