Albuca spiralis
採集番号:EQ108
採集地:不明
実生
蒔いた年:2017

【説明】アルブカスピラリスは南アフリカの西ケープ州で発見されましたが、北ケープ州においても見ることができます。薄い黄色で縁取られた緑色の花を下向きにつけ、その花からは甘い香りがします。細く、波打った、またはくるくる巻いた葉っぱをつけ、表面には腺毛が生えています。腺毛は花柄の根元にもつき、巻きの強さは系統や、葉が付き始めたころの日光量などによって左右されます。


播種 キジカクシ科 花 珍しい 観葉植物


【概要】
学名:Albuca spiralis
原産地:Worcester
国内実生/開花株
生育型:冬型
成長期:10~5月
開花期:10~2月

【育て方】秋から春にかけて生育し、夏の間は球根だけになって休眠します。


生育期 : 冬型

夏日照 : 日蔭
冬日照 : 日なた
夏水やり : 断水
冬水やり : 少な目
耐寒性 : 0°C程度まで




みどりのQ&A

初めての方でも安心。GreenSnap公式アプリなら みんなに植物の育て方や悩みを相談できます。

今すぐ無料ダウンロード

関連商品